Thumbnail of post image 003

安全性|日焼け止め成分

トリメチルシロキシケイ酸(トリメチルシロキシシリケート)は、化学式C3H10O4Si2、分子量166.28の物質で、化粧品の中で皮膜形成剤として活用されま ...

Thumbnail of post image 141

安全性|日焼け止め成分

日焼け止めや菓子類に入っていることの多いキシリトールは人間に対してはLD50|1g/kg体重以下であれば害はありません。光毒性もそこまで気にすることはない ...

Thumbnail of post image 125

安全性|日焼け止め成分

ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル(2-benzoic Acid Hexyl Ester)は、INCI名:DIETHYLAMINO HYD ...

Thumbnail of post image 123

安全性|日焼け止め成分

PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン(PEG-9 POLYDIMETHYLSILOXYETHYL DIMETHICONE)はシリコンの共重合体、 ...

Thumbnail of post image 034

安全性|日焼け止め成分

トリエタノールアミン(TEA|英語名:Triethanolamine)は、分子式C6H15NO3、分子量149.19、CAS:102-71-6、比重1.1 ...

Thumbnail of post image 200

肌の仕組みと再生科学

真皮は、表皮の下、皮下組織の上に位置する皮膚の一部分で、エクリン腺、乳頭層、乳頭下層、網状層などが存在しています。表皮には毛細血管はあまりないですが、真皮 ...

Thumbnail of post image 198

肌の仕組みと再生科学

超音波断層撮影装置の測定によると、人の顔の皮膚の厚さは1.0mm~1.8mmで、年齢とともに皮膚の厚さは減っていく事がわかっています。体の皮膚は1.5mm ...

Thumbnail of post image 074

肌の仕組みと再生科学

ここではお肌、皮膚の健康維持、皮膚の再生に必要になる栄養素についてまとめました。何か一つあればよいのではなく、それぞれの栄養をバランスよく補給する必要があ ...

Thumbnail of post image 026

肌の仕組みと再生科学

お肌の模様は皮溝、皮丘と呼ばれており、主に無毛皮膚、皮膚の少ない部位によくみられる構造です。皮溝(ひこう)は溝になっている部分、丘のように持ち上がっている ...

Thumbnail of post image 066

肌の仕組みと再生科学

人の肌、体には黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、アクネ菌の3種類の菌がいるとされています。もっとたくさんの種類の菌が棲んでいますが、主なものはこの3種類です ...

Thumbnail of post image 156

安全性|スキンケア成分,海外の日焼け止め最新事情

Amazonのエーワンコスメティックで購入したCicapair Re-cover Re-couvrir(通称:二代目)の安全性評価、成分チェック、使用感レ ...