肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 043

真皮は、表皮の下、皮下組織の上に位置する皮膚の一部分で、エクリン腺、乳頭層、乳頭下層、網状層などが存在しています。表皮には毛細血管はあまりないですが、真皮部分には毛細血管が通っていて、真皮まで化学物質が届けば血液にもその栄養素が吸収さ ...

肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 048

超音波断層撮影装置の測定によると、人の顔の皮膚の厚さは1.0mm~1.8mmで、年齢とともに皮膚の厚さは減っていく事がわかっています。体の皮膚は1.5mm~4mm、手のひらの表皮は0.8mm、足の裏の表皮は1.4mmで、ここに真皮の分 ...

肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 007

ここではお肌、皮膚の健康維持、皮膚の再生に必要になる栄養素についてまとめました。何か一つあればよいのではなく、それぞれの栄養をバランスよく補給する必要があります。サプリメント摂取でなんとかできるようなものではないので、日々の食事と睡眠 ...

肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 052

お肌の模様は皮溝、皮丘と呼ばれており、主に無毛皮膚、皮膚の少ない部位によくみられる構造です。皮溝(ひこう)は溝になっている部分、丘のように持ち上がっている部分が皮丘(ひきゅう)で、皮丘の表面には汗孔、皮溝の溝の間には毛が生えているのが ...

肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 080

人の肌、体には黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、アクネ菌の3種類の菌がいるとされています。もっとたくさんの種類の菌が棲んでいますが、主なものはこの3種類です。この菌達がいるおかげで人の肌は他の菌から守られており、必ずしも悪い菌とはいい切 ...

肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 154

皮膚に使用された薬剤は、表皮、毛根周辺、汗腺、細胞の間などから経皮吸収されていきます。局所的に、ゆっくりと皮膚から毛穴などを通じて毛細血管に化学物質が浸透し、経口摂取よりも効率的に患部に薬剤が届きます。欠点として皮膚がかぶれたり、皮膚 ...

肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 131

ここでは、表皮の基底層にある日焼けの根本原因メラノサイトを詳しく掘り下げていきます。メラノサイトから生み出されるメラニン色素が、周囲のケラチノサイトにまで行き渡ることで肌が黒くなっていきます。これが紫外線により引き起こされるため、日光 ...

肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 004

人の肌の一番表面部分は表皮と呼ばれます。角質、顆粒、有棘、基底という4つの層に分かれており、人体からの水分蒸発量の調節、外界の病原菌からの保護、紫外線からの保護、薬品や化学物質からの保護などを主な役目としています。細胞の生まれ変わりに ...

肌の仕組みと再生科学

Thumbnail of post image 098

人の肌は大きく区別すると表皮と真皮に分けられます。厚さ0.2mmの表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層という4つの層でできています。約2mmの真皮は7割近くがコラーゲンで、この真皮の下に皮下組織があります。弾性繊維エラスチンや血管も真 ...